医療法人財団 織本病院  
トップページ > 受診・入院のご案内 > 皮膚科
  ~ 傷を小さく、きれいに手術できます ~
当院の皮膚科では、以下の疾患の手術・治療を積極的に行っております。
小さな皮膚トラブルもお気軽にご相談ください。
 
粉 瘤

表皮が皮膚に入り込み袋状になったできものです。袋の中には角質(垢)が少しずつ貯まるので、粉瘤も徐々に大きくなります。袋ごとしっかり切除しないと再発することが多いです。
当院ではくり抜き法・ほぞ抜き法での切除を行っており、傷を小さく切除することが可能です。

脂漏性角化症

老人性いぼともよばれている、茶色から黒色できもの顔や体によくみられます。
形は様々でシミが少しもりあがったようにみえる場合もあります。
当院では、液体窒素療法での除去となります。
ほくろ

ほくろは大きさや形も平らなものから盛り上がったものまで様々で、手術によって除去します。

脂肪腫

徐々に大きくなる柔らかいできものです。大きさは1~10cm程で様々です。
なるべく目立たない、小さい切開線で切除しています。

軟線維腫

いずれも肌色の柔らかいできもので、細い茎で皮膚についている場合もあります。
切除によって除去します。

石灰化上皮腫

子供の腕や下肢にみられることが多い硬い皮下のできものです。毛を作る細胞が変化してできると考えられています。なるべく目立たない、小さい切開線で切除しています。

血管腫

赤い色のできものです。出生時から認めるものや加齢に伴いできてくるものもあります 。
切除によって除去します。

顔のできもの(稗粒腫、汗管腫、脂腺増殖症など)

顔には多くの種類のできものができます。
白い小さなできもの、平らに盛り上がった肌色から黄色のできものなどです。
症状に応じて治療していきますので一度ご相談ください。

皮膚悪性腫瘍

日光角化症、ボーエン病、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫など。
腫瘍の一部を切除し検査します。また、確定診断後に腫瘍を切除することが必要です。
場合によっては適切な医療機関に紹介いたします。
巻き爪・陥入爪

巻き爪は(ワイヤー、クリップ)による処置を行っております。
陥入爪は症状によって、テーピング法、コットンパッキング、フェノール法による処置を行います。

【 外来診察日 】
毎週水曜日(午前・午後)  ※ 予約可

【 担当医師 】
島田 俊嗣 ( しまだ としつぐ)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
インターネットでのご予約はこちら
≪ 前の画面に戻る
| 個人情報の利用目的について | お問い合わせ |  サイトマップ |